時短家電に目覚めたきっかけ

仕事と家事と育児。毎日いっぱいいっぱいの日々。

私は思いました。「家事ってやること多すぎじゃない?

いや、前からわかってはいたけど、 改めて実感。家事って1時間では到底終わらないし、まとめて2時間やれば終わるものでもない。朝、洗濯機まわしたら終わるまで一旦待機(もちろんその間、他の家事をやる)。脱水まで終わったら外に干して乾くのを待つ。まだ洗濯物がある場合は、先に干したのが乾くのを見計らって、次の洗濯物をまわす。乾いた洗濯物を取り込んで畳んで各収納場所にしまう。

洗濯物ひとつとっても工程が多く時間もかかる。洋服 タオルなどの他にも毛布や布団も干さないといけない。

そして私が洗濯物で最も嫌だったのが雨が続いた時。

我が家の洗濯機は当時乾燥機能がなかったので雨が2〜3日続いたら洗濯が終わった後、コインランドリーに乾燥に行ってました

その際、車で行ってたのですがアパートから駐車場までが遠い。。大雨だと車まで行くまでにずぶ濡れになってしまい、洗濯物持ちながらだとさらに濡れてしまうので、こういう時は一旦車を取りに行き、アパートの建物の前に車をとめてました。

そのあと洗濯物を取りに行き車に乗せる。コインランドリーに向かうという感じでした。(この時点で少し疲れてます笑)

1か所目のコインランドリーが空いてればいいですが、雨が続いてる日なのでいっぱいのことも。

すぐに、終わりそうだったらしばらく待ちますが、そうでないときは他をまわります。

乾くのを待ってる間はスーパーで買い物。

買ったものと洗濯物を持って帰宅。ここでも雨なので、アパート建物前に車をとめて、買ったものと洗濯物をお家に運ぶ。一度では運びきれないので何度か往復。そのあと車を駐車場へ移動。

お家についたら、買ってきたものを冷蔵庫や棚に収納し、洗濯物を畳んでしまう。

もうヘトヘトです。しかも、このあと夕飯作りもある。

しかし私がコインランドリー行ってる間、夫が当時1歳の子供をみてるので、私が帰ってくると、「はい、俺の子守の時間はおわりー」と言わんばかりに自分のやりたいことをやりだす。

いやいや、待ってよ。こっちも疲れてるしさー少しはゆっくりさせてよ。このあと夕飯も用意しないといけないんだしと伝えても結局は私がほぼ見ることに。。

洗濯一つでこの重労働。家事は他にも沢山あるのに。

週末にコインランドリーならまだいいですが、月曜から雨だと水曜あたりにコインランドリーにいかなくてはいけません。仕事終わって家事育児を一通り終わってからの夜からコインランドリー。あーしんどかった

一年の中で雨が続いてコインランドリーに行く時期は年に数回だったと思いますが、週間天気予報で雨が続くのを見ただけであの時は憂鬱になってました。

他にも洗濯について

・朝は晴れてるけど、午後から天気崩れそうな時、洗濯するかやめとくか悩む

・毛布はよっぽどいい天気じゃないと干して出掛けられない

・外出中、雨が降りそうだったら、まだ用事が残ってても洗濯物を取り込むため帰宅することを選ぶ

・通り雨がけっこうな大粒ですぐに気づいて取り込んだのに結構濡れた時テンション下がる。

・同じく通り雨で、洗濯物取り込んだ後、すぐに晴れてまた干す。。

・せっかくの休みも天気が微妙な時は洗濯のことを考えてばかり。

そこでついに乾燥機能付き洗濯機を購入することにしました。安い買い物では無いですが時短を優先することに。使ってみて感じる事は、やはり楽!。あんなに天気のことばかり考えていたのに、今は天気予報を見て雨が降りそうだったら迷わず乾燥まで行う。夜洗濯する場合、朝までに雨が降ったら嫌だなと思い洗濯することができなかったが、今は夜から回して乾燥まで。雨が続いてもコインランドリーへ行かなくて済む。

しかし買ってみてから気づいたデメリットもありました。 以前は縦型の洗濯機で、今はドラム式乾燥機能付き洗濯機ですが、今の洗濯機で乾燥を使わず洗濯だけをした場合、以前の洗濯機よりもゴワゴワした感じで仕上がってしまいます。タオルなどは特にゴワゴワするので晴れた日も乾燥までやってしまいます。 私の洗濯機がたまたまそうなのか分かりませんが、もっとふわふわに仕上がってくれたらよかったなと思いました。

デメリットもありましたがトータルで考えてやはり買って良かったと思ってます。もう乾燥機能なしには戻れないです。

時短のため購入した家電が 他にもあります。またご紹介しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました